肌が弱くて白髪染めが合わない!を繰り返す毎日

白髪よりも肌が荒れることが問題なんです肌を見る女性

白髪は誰にでも生えてくるものですから別に嫌という訳ではありません。もちろん、歳を取るにつれて増えていく白髪を見たくはないですよ。

でも、それよりも問題なのは、私に合う白髪染めがなかなか見つからないこと。
昔から肌が弱いとは分かっていました。
ハンドクリーム・リップクリーム・化粧水・乳液などなど、肌に合うものが見つからずに苦戦しましたし。

だから、白髪染めも見つけるのは苦労するだろうな、というのは確信してはいました。しかし、それが想像以上に見つからないんですよね。
化粧品の類は毎日使わなくてもどうにかなるのでいいのですが、白髪染めは染めないとすぐに白髪まみれになっちゃいますからね。
急いで見つけねばなりません。

今現在は、我慢して美容院で染めることにしています。
ただ、肌の弱い私は美容院での白髪染めもダメなんです!
あのニオイと染料の刺激で肌荒れを引き起こしてしまっています。それでも、これまで試した市販品の白髪染めよりはマシですし、ホームカラーより色持ちするので仕方なく利用中なのです。

いっそのこと白髪を放置したいところなんですけど、世間(仕事)はそれを許してくれません。そもそもどうして白髪って染めなくてはならないんでしょうかね?
男女関係なく生えるんですから、そのままにしておけばいいのに。
白髪染めは気を遣うことが多すぎてとにかく面倒!と感じている方は私だけではないはず。
あ~あ、私の肌が弱くなければこんなことにはならなかったのに…

と、愚痴をこぼしてもどうにもならないですよね。
今は何よりも、自分に最適な白髪染めを見つけることが先決です。
昨日、美容院で染めたこの髪に、白髪が生えてくる前になんとしてでも見つけなかれば!

ということで、このサイトでは、私が白髪や白髪染め、肌荒れについて調べたこと・感じたことを書き連ねます。
その過程でベストな白髪染めが見つかれば最高ですし、私と同じように肌が弱くて困っている方の助けになればもっと最高です。

白髪が生えてこなければ肌が弱くても問題ないけれど…髪の手入れ

白髪って絶対に生えるの!?

実は、白髪がどうして生えるのかは科学的に解明されていないそうです。
老化が主な原因とは分かっていても、そもそもなぜ白髪になる必要があるのか、が定かではないという意味…

老化だけが原因だとしたらもっと気楽に構えることもできたのですが、白髪発生の原因は、それだけではありません。
睡眠不足、運動不足、栄養不足、ストレス、病気、遺伝、紫外線、乾燥、摩擦などなど、あらゆる要因が重なって、白髪の発生につながっているんですね。

明確に『なぜ白髪が生えるのか』が判れば、薬で白髪を治せる日が来るでしょう。
いつか、そんな日が来るといいですよねー。
もし、人々に白髪が生えなくなったら、「老人としてのシンボル」が何か別のものに変わるかもしれませんね。

しかし、「風邪を治す薬」がまだ開発されていないのと同様に、「白髪を治す薬」も当分の間、開発されることはないでしょう。
今は、現実を見るしかありません!

白髪が生えなければ染める必要がない

染める必要がなければ肌が荒れることもない

という妄想していたのですが、実現は無理っぽいですね!

結局は、生活習慣を改善するのが一番!

髪をなびかせる女性
自分に合う白髪染めを探す過程で、同時並行して実行したいのが、「生活習慣の改善」です。

肌が弱いのなら、白髪染めをする回数を減らす必要があります。
白髪染め以外の白髪対策と言えば、やはり、生活習慣の見直し。

もしかしたら、毎日健康的な生活を送っていくうちに、肌の弱さも改善されるかもしれませんし。

優先すべきは、睡眠と栄養と運動ですかね…
基本的なこと過ぎて逆に何をすればいいのか分からないですね!
これもいろいろ調べようと思います。

ああ、でも、基本的なことだからこそ、当たり前のことだからこそ、疎かになってしまっている人が多いのでしょう。
白髪の原因はまだ解明されていませんが、白髪を治そうとすることで体が健康になるのなら、それはそれで良いコトなのかも!

まずは、栄養管理をしっかりして、食事に気を遣ってみようかな。

白髪についていろいろ調べたところ…

大変参考になるサイトを見つけました。
こちらの【白髪染めも】です。
肌にやさしい白髪染めを紹介されてますね。
コラムなども読み応えありでした。
参考になりますよ。